【ニュースリリース】働く女性の支援 × SDGs「不妊予防・治療 オンライン シンポジウム」1月30日(土)開催~少子化ストップ!「産みたいときに産める社会」の実現を目指して~

2021.01.13プレスリリース

株式会社ポピンズホールディングス(東京都渋谷区:代表取締役社長 轟麻衣子 以下、ポピンズ)は「不妊予防への啓蒙活動」の一環として、不妊予防・治療の専門家と協働し、不妊予防・治療に関する勉強会を発足し、「不妊予防・治療オンラインシンポジウム」を1月30日(土)に、無料でZoomウェビナー形式で開催します。当日は、米カリフォルニア州における不妊予防の最新動向や日本の不妊予防・治療の現状を紹介します。

■「不妊予防・治療に関する勉強会」設立の背景

昨今、日本では6組のカップルに1組が不妊治療を受け、2019年には、16人に1人の子どもが体外受精で生まれています。働きながら不妊治療を受ける方は増加傾向にある一方で、不妊治療経験者のうち16%(女性では23%)の方が離職を余儀なくされるなど、不妊治療と仕事の両立は難しく、また日陰の治療と言われています。この度政府が2022年から不妊治療に公的医療保険を適用する方針を固め、今年1月から開始する助成拡充が少子化対策に効果をあげることが期待される一方、「不妊予防」についてはほとんど知られていないのが実状です。 創業以来33年間、働く女性の支援に取り組んできたポピンズは、このような状況の改善に向け、女性が不妊治療によりキャリアを諦めなくて良い社会を目指し、本勉強会を設立しました。

■勉強会メンバー:

森まさこ氏(前法務大臣元少子化担当大臣 参議院議員)、杉山力一氏(杉山産婦人科 院長)、河村和弘氏(「プロジェクトこうのとり」代表 国際医療福祉大学大学院 産婦人科教授)、田附サリー氏(カルフォルニア・CCRMグループ不妊治療専門医)、中村紀子(ポピンズ代表取締役会長)、轟麻衣子(ポピンズ代表取締役社長)

■「不妊予防・治療オンラインシンポジウム」概要 

主催:株式会社ポピンズホールディングス / 協賛: 株式会社大和証券グループ本社
日時:2021年1月30日(土)10:00 ~12:00
形式:オンライン(Zoomウェビナー形式、参加費無料)

■プログラム

10:00 – 開会主催者挨拶 中村紀子(ポピンズ代表取締役会長) 主賓挨拶 田村憲久厚生労働大臣
10:15 – 講演 『高齢不妊のメカニズムと不妊予防』 河村和弘 氏(「プロジェクトこうのとり」代表 国際医療福祉大学大学院 産婦人科教授)
10:45 – パネルディスカッション『不妊予防・治療を語る』※モデレーター 中村紀子(ポピンズ代表取締役会長) 森まさこ 氏(前法務大臣、元少子化担当大臣 参議院議員) 杉山力一氏(杉山産婦人科 理事長) 田附サリー 氏(カルフォルニア・CCRMグループ 不妊治療専門医)
11:55 – 閉会 総評 轟 麻衣子(ポピンズ代表取締役社長)

■お申込み先:

https://zoom.us/webinar/register/6016091252608/WN_3FMR5DzMTIKAU_wddmoVoQ

■Webチラシ:

不妊予防・治療シンポジウム 今後もポピンズは、女性が安心して働くことができるサービスの提供、開発に尽力し、働く女性の支援に貢献してまいります。

【ニュースリリース】「不妊予防・治療 オンライン シンポジウム」1月30日(土)開催_20210113