平成28年度 岐阜県『子育て支援員研修』のご案内

平成27年度から始まった「子ども・子育て支援新制度」によって、子育て支援分野の事業などの担い手となる人材が、ますます必要となってきました。このため、国は子育て支援員研修制度を創設し、都道府県又は市町村が実施する研修を修了した方は、全国どこでもその研修資格を利用できることになりました。
これを受け岐阜県では、保育や子育て支援に関心のある方、これらの事業に関わりたい方、現在すでに関わっておられる方たちを対象として、「子育て支援員研修」を実施しています。
今年度は28年11月から29年2月にかけて岐阜県内各会場にて実施いたします。

専門研修

専門研修
  • 受講できるのは、岐阜県に在住または在勤の方で、研修修了後に保育や子育て支援の事務所等において勤務・活動を希望する方です。
  • 原則として、基本研修を修了しないと専門研修を受講できません。
    ただし、下記の資格をお持ちの方は、基本研修の免除が可能ですので、申込書に当該資格証明書の写しを添付してください。なお、③については、子どもと関わる業務に携わっていることを証明できる書類も併せて添付してください。
    • ①保育士
    • ②社会福祉士
    • ③幼稚園教諭、看護師、保健師の資格を有し、かつ日々子どもと関わる業務に携わっている方
  • 本研修は、受講修了者を「子育て支援員」として認定するものであり、修了後の雇用先を紹介及び保証するものではありません。
  • 定員を超えて申し込みがあった場合は、抽選で受講決定させていただきます。抽選の結果、受講できない場合は、その旨ご連絡致します。なお、抽選の際、現在岐阜県子育てマイスターとして活動いただいている方については、優先させていただきますので予めご了承ください。
  • 研修を修了したと認められた方には、修了証書を交付します。なお、やむを得ない理由により一部の科目しか履修できなかった場合は、「一部科目修了証書」を交付することができます。

研修日程

  • 今年度の岐阜県の「子育て支援員研修」には、以下の2コース(4事業)があります。受講を希望される方は、それぞれの分野の会場や日程を確認し、申し込んでください。
  • 多くの方に受講していただくため、申し込みいただく事業は①放課後児童クラブ②地域型保育事業③一時預かり事業④ファミリー・サポート・センター事業のいずれか1事業とさせていただきます(複数事業申込不可)。

専門研修

各コースや各事業で、科目数や開講時間が異なります。
なお、地域保育コースの共通科目については、希望する会場を選択してください。各会場での研修内容は同じです。
※選択した会場以外では受講できません。

放課後児童コース

①放課後児童クラブ(補助者)

地域保育コース

②地域型保育事業(保育従事者等) ③一時預かり事業(保育従事者)
④ファミリー・サポート・センター事業(提供会員)